もっと知りたいまるごと外壁塗装│もっと使いやすく快適な家へ

外壁をリフォーム

男性

沖縄は強い日差しで外壁が傷みやすく、塩害も発生しやすいのが特徴です。傷んだ外壁に台風などの暴風雨が加わると、家へのダメージが急激に加算されます。マイホームの寿命を保つためには、定期的な外壁塗装が欠かせません。一般に外壁塗装は10年〜15年ごとに必要だと言われています。もっと長持ちする塗装もありますが、沖縄では塗料の耐用年数を信用しすぎず、外壁の劣化状態に合わせて塗り替えることが大切です。ひび割れや剥がれが目立つようになったら、耐用年数内でも外壁塗装を検討しましょう。沖縄にも外壁塗装をしているリフォーム業者は多いので、まず専門家の意見を聞き、相見積もりを取ってみることが最初のステップになります。

複数の業者から相見積もりを取るのは面倒な作業ですが、外壁塗装は時間も費用もかかる大きな工事なので、できるだけ節約の手間を惜しまないほうが良いでしょう。見積もりを取るときは、希望する耐用年数や予算を、あらかじめ明確にしておくとスムーズです。まとめて見積もりが取れるウェブサイトも利用できます。沖縄の塗装業者の数は全国平均に比べると少ないほうですが、県内全域をエリアにしている会社もあるため、必ずしも住まいのある市町村にこだわる必要はありません。幅広い選択肢を考慮に入れましょう。見積もりが高すぎたり安すぎたりする業者や、急いで契約を迫る業者には注意し、細かい部分まで丁寧に説明してくれる業者を選ぶことが大切です。